1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:59:32.26 ID:???O.net
 大型で強い台風19号は12日、九州の南西の海上を北上した。次第に進路を東寄りに変え、13日には勢力を保ったまま九州南部に接近し、
上陸するとみられる。その後は日本列島を縦断する恐れがある。気象庁は、暴風や大雨への厳重な警戒を求めた。

 暴風域に入った沖縄や奄美地方は12日、激しい雨や風となった。鹿児島県では2人が強風で転倒して頭などに軽いけがをしていたことが
新たに分かり、共同通信のまとめで、これまでの重軽傷者は31人となった。

 JR九州によると、九州新幹線は12日午前、飛んできたビニールが架線に引っ掛かり、博多―鹿児島中央間の全線で一時運転を見合わせた。
国内の航空機は、沖縄や九州各地の発着便を中心に欠航が相次いだ。

 気象庁によると、沖縄県本部町で12日未明、1時間に61.5ミリの非常に激しい雨を観測。国頭村では瞬間風速45.3メートル、鹿児島県の
与論島では40.1メートルの非常に強い風が吹いた。
 13日は西日本や東日本でも太平洋側を中心に風雨が強まり、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れもある。気象庁の佐々木洋主任予報官は
記者会見し「前回の18号で大雨となったばかりの所もあり、厳重に警戒してほしい」と述べた。

 13日昼までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、九州南部400ミリ、四国250ミリ、奄美と九州北部200ミリ、東海150ミリ、近畿120ミリ。
その後も各地で雨量は増える。13日にかけて予想される最大瞬間風速は九州南部と四国50メートル、九州北部と奄美、近畿45メートル、
沖縄40メートル、東海35メートル。
 海上は大しけとなる。竜巻などの突風や落雷、高潮にも警戒が必要だ。

 台風は12日午後3時現在、奄美大島の西約240キロを時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートル、
最大瞬間風速50メートル。中心の北東側280キロと南西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040009_S4A011C1000000/