1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/10/02(火) 20:53:11.98 ID:6gvV5V3L0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
およそ日本人ほど「セール」好きな人種もいまい。

 盆や正月はもちろん、季節の変わり目には売尽くしセールが、それでも飽き足らず毎日行われる「タイムセール」なるものまである。

ただ、先月28日に始まった大塚家具の「在庫一掃SALE」は、これらの“セール”と趣を異にする。
商品構成の見直しが目的というセールの目玉は「最大80%OFF」という惹句だが、

「いよいよ最後の手段に出たな、という感じです」

 と、顔を強張らせるのは、さる金融関係者だ。

「この手のセールは、商品が売れるかわりに犠牲も大きい。
 大塚家具の原価率は50%前後ですが、それを超えるディスカウントをすれば、当然決算上は赤字になる。
 それでも目先の現金を得るため、値下げしてでも商品を売るしかない。
 大塚家具はついに“劇薬”に手を出してしまったのです」

大塚久美子社長
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/4/e4390_1523_a957883d_919ee5e1.jpg

手元の現金が尽きればどうなるのか。

「従業員の給与も払えないし仕入れもできません。つまり、企業としての活動が停止してしまう」(同)

(後略)
http://news.livedoor.com/article/detail/15389115/