1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/11/16(金) 19:28:32.37 ID:ahEE1yXz0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
法務省は、去年1年間に失踪し、その後出入国管理法違反の疑いで摘発された技能実習生、およそ2900人を
対象に、失踪した理由などを調査した結果の概要を国会に提示しました。
「失踪した理由」を複数回答で聞いたところ、契約よりも安い賃金だったことなど「低賃金」をあげた人が
全体のおよそ67%と最も多くなっています。

次いで、「実習終了後も働きたい」がおよそ18%、「指導が厳しい」がおよそ13%、「労働時間が長い」がおよそ
7%となっているほか、「暴力を受けた」がおよそ5%などとなっています。

また、「1か月の給与」は「10万円以下」と答えた人が最も多く、およそ1600人となっています。

さらに「入国してから失踪するまでの期間」は「1年を超えて2年以内」が900人余りで最も多く、
中には「1か月以内」と答えた人も34人いました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/k10011713601000.html