1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/05(水) 17:18:19.66 ID:qNFY6cAb0 BE:878978753-PLT(12121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
https://bcsecure01-a.akamaihd.net/14/4504957054001/201812/306/4504957054001_5975712511001_5975711784001-vs.jpg

DeNAは5日、運賃を広告主が負担する「0円タクシー」の配車サービスを都内で始めた。日本ではスマートフォン(スマホ)を使った
配車サービスが乱立し、先行する日本交通系をソニー陣営、ライドシェア大手などが追う。人工知能(AI)の活用や広告との融合などで
利用者とタクシー会社を囲い込み、自動運転時代の移動サービスにつなげようとする動きが激しくなってきた。

■広告主が運賃を負担
「0円タクシー」は車内の画面で広告映像を流すほか、車体にも商品などの広告を掲載する。タクシーの運賃は法律で範囲が決められている。
運賃を無料にするのではなく、広告主やDeNAが負担する仕組みにすることで法律的な問題をクリアしたという。

まず日清食品がスポンサーとなり、同社の即席麺の広告を掲載する50台を運行させる。配車エリアは港区や中央区などの都心部に限られるが、
東京23区内全域への運行が可能だ。

DeNAは0円タクシーを含め、「MOV(モブ)」という名称で配車サービスを都内で始めた。日の丸自動車と東都自動車のほか、
第一交通産業などタクシー5社の約4000台が対応する。

利用者はアプリの地図上で乗車したいタクシーと場所を選ぶと、アプリ上でタクシーの到着時刻や車のナンバーなどが通知される。
2019年後半には運転手にAIによる需要予測サービスを提供し、時間帯やイベント、天候などから客数を予測して最適なルートを提示するなど、
タクシーの稼働率向上に役立てる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3856452005122018000000/