1: おちんちん ◆d9eTMNEKrI (SIM) [ニダ] 2020/01/19(日) 18:51:09.28 ● BE:547841423-PLT(25252)
sssp://img.5ch.net/premium/7986278.gif
神戸物産が展開し、主に業務用食品の販売を手掛ける『業務スーパー』の人気が高まっている。

「当初は飲食店経営者をターゲットにしていた同スーパーですが、店看板に『一般のお客様大歓迎』とうたったことで一般客が増加。今ではボリュームたっぷりで高品質の食材や食品を、誰でも安く購入できます」(経済ジャーナリスト)

そんな業務スーパーが大きく注目され始めたのは、昨年2月のこと。テレビ番組『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)で紹介されたことがきっかけだという。

「番組では焼きそばが1キロ138円、鶏肉2キロ820円など、超激安商品を紹介。主婦ゲストで出演した北斗晶も週2回通っているとコメントして、お得感を伝えていました」(テレビ誌ライター)

また、昨年に旋風を巻き起こした“タピオカブーム”が、業務スーパー人気にも飛び火した。

「業務スーパーでは、4年前からタピオカを台湾から輸入していました。タピオカの爆発的なブームによって、それまで業務スーパーに縁がなかった女子中高生が殺到するようになったのです」(食品アドバイザー)

業務スーパー人気の高まりに、株式市場も好反応を示す。神戸物産の株価は、19年の上昇率ランキング(大型株のみ)で8位を記録。株式時価総額では、松坂屋などを展開する百貨店業界最大手「J・フロントリテイリング」を上回る4644億円にまで上がった。

コスパ抜群の業務スーパーが人気を集める理由は分かったが、そもそも、なぜ高品質で安い商品を提供できるのか。

「神戸物産は自社・グループ工場で製造したプライベート商品が主力です。国内の生産子会社の14社、21工場に加えて、海外の約350の協力工場から商品を大量調達することで激安を実現できるのです」(食品業専門コンサルタント)

現在、業務スーパーの総店舗数は845店(19年10月末時点)。勢いは止まりそうにない。
ソース
https://wjn.jp/article/detail/0331906/